【ボイトレ】今日上手くなる!カラオケで人を感動させる本当の歌唱力を上げる3つの方法

はじめに

音楽大好き、バンド大好き、歌うの大好きランディです!

そう、僕歌うの大好きなんですね。

日々お家で歌っておりますが、声が大きいと近所迷惑だと言われます、、

そんな僕ですが、まじで一時期週に4回カラオケに通っていました。

最初は声が低すぎて福山雅治さんの歌ですらきつかったんですが、様々なトレーニングを積むことでなんと今ではミスチルのTommorow never knowsまで歌えるようになりました!

と、まあその話は置いといて

今日は歌唱にまつわる話をしたいんですが

まずあなたは歌うことは好きですか?

高い声は出ないし、、

音痴だから嫌いかなあ、、

様々な方がいますね。

僕の友人で音痴を売りにして人気を獲得している人もいますけど((笑)

歌うのが嫌いな方に好きになってほしいとは言いません。

今日は相手の心に響かせられような歌を歌いたい方に参考にしてもらえるような記事を書きます!

カラオケでの採点は気にするな!!!

最近精密な採点機能が多くなってますが。

正直僕めちゃくちゃ採点が嫌いです。

だって歌を聴くのは人間なのになんでロボットに点数付けられなあかんねん。。。

でもそんなこと言っても友達とカラオケ行ったら絶対採点入れ始める輩がおる。。

これ完全自論なので無視してもらってもいいんですけど、

歌は点数じゃ決まらねえええ

まあ音程とかは大事だけど、点数高いのに聴きづらい人とかいませんか?

だから正直点数では決められない。

もっと大事にするものがある!

そう真の歌唱力

真の歌唱力とは何なのか。

真の歌唱力とは?

それはつまりプロの歌手を見てみれば分かること。

ライブに来て涙を流す人たちがいると思うんですけど、あれです。

人を感動させる。

そんな簡単に感動させるとか無理やろ!

と思っているならそれはところがどっこい。

意外とあなたでも

いける。

歌唱技術もプロはめちゃくちゃ高いですが、それ以前に大事なのが歌唱力ですね。

そこで今日はカラオケで人を感動させる真の歌唱力を上げるためのポイントを紹介します!

十八番を決める(その1)

十八番お持ちですか?

持っていない方は自分の大好きな曲をイメージしてください。

とりあえずはそれで行きましょう。

最低でも3曲くらいは欲しいですね。。

できれば同性の曲が歌いやすくて良いでしょう!

ポイント

  • 声が出るかを確認する

⇒まず声が出ないと聴き手も聴きづらいですね。しっかりと声が出し切れるかの確認を!

  • その人の息遣いをよく聴く

⇒これはめちゃくちゃ大事!!!息遣いってその歌手の大きな特徴になります。息遣いが似ているだけでも鳥肌が立ちますね。息遣いを真似するときのポイントはとにかく大げさにやることです。

  • 上がっていたら本家の動画を見る

⇒ひたすら見てください。口の開き方など真似するだけ本家に似てきて自然と同じような発声になって行きます。

音程を掴む(その2)

音程技術はそこまで厳しく見る必要はないですが、ある程度はあった方がいいですね…

これはつまずく人も多いです。

とにかく流しながら一緒に歌うことです。

特に最初はサビを聴きながら歌ってください。

ポイント

  • 最初はひたすら聴く

⇒音程やリズムなど、正確に捉えられるまで聴きます。(ちょっと難しいかも。。。)

  • 難しい時はサビだけ集中

⇒どれだけ練習してもできない人はサビに集中!せめてサビだけでもしっかりと歌えていれば勢いで何とかなります(最終手段(笑)

  • ピアノで合わせてみる

⇒自分の手で鳴らした音は耳に残りやすいので曲のメロディを弾きながら歌ってみてください。スマホのアプリなどでピアノが入っているのでそれを使ってもいいですね。

ジェスチャーを大げさに(その3)

ジェスチャーは相手になにかを伝えるときの重要な手段ですね。。。

人気の歌手は仁王立ちでは歌ってない!!

じゃあ僕らも動きましょう!

ポイント

  • ライブ動画で真似してみる

⇒ライブ動画を見て歌いながら真似してみます。どのタイミングで手を挙げ、どこで拳を握りしめるのか。だんだんと見なくても自然にできるようになればお見事!

  • 聴いている人の方を見る

⇒画面ばかり見ていては聴き手に伝わりにくいので時々相手の方を向いても良いですね!

おわりに

さいごに必ず意識しておかなくてはならないこと、それは気持ちを込めること。

怒りながらバラードを歌っていたら変ですよね(笑)

気持ちのこもった歌は相手にきっと響きます!

頑張って実践してみましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク