【受験生必見】オープンキャンパスに行くメリットとは?

今回は

オープンキャンパスに行くメリット

について論じたいと思います。

多分オープンキャンパスにもう行ったという方もいるのではないでしょうか。

まあこれから行く予定の人も、行く予定のない人にもオープンキャンパスに
行くこと(大学を見に行くこと)が如何に大切かを伝えられればと思います。

ほい

というわけで

まず皆さん大学へのイメージはどんなものをお持ちですか?

キリスト教系だったらおしゃれな教会があったりとか、理系だったらすごい研究室があったり、高いビルのピカピカな教室とか様々でしょうね。

ではその情報を最初はどこから仕入れてきましたか?

おそらくなにかのパンフレットの写真か、ネットのホームページの写真あたりでしょうか。確かにそれはそれはきれいですよね。どの大学も自分の大学をよく見せたいから。。。

そう、どの大学も自分の大学のいいところを見せたいの!!
ってことは...悪いところは写さない!

いや、そりゃそうだろ…..

ということはね、結論から言うと自分の目でぜひ確かめてほしい。
大学は、生で見るとはるかにイメージが違うとか、雰囲気が違うとかがけっこうあるのよね。
これから数年間通うことを考えたら一度肌で空気を感じに行くのは決して無駄じゃない!

では

まずは、オープンキャンパスに行くメリットについて紹介しますΣ(゚Д゚)

一つ 校風や雰囲気を知れる

⇒パンフレットで見ているその校舎や敷地は実際に見てみるとイメージとかなり違うことがあるんです!

その目で見て、その足で歩くことで自分が数年間通う場所を確かめることはした方がよいでしょう。

あとやる気がすごい上がる!!

二つ お得情報が手に入る

⇒いろんなお得情報が手に入らないとみんなオープンキャンパスになんて行かないと思う。

そう、だから大学側もいろんなお得情報を用意してるんです

例えば、昨年の過去問を解説付きで配布していたり、対策講座を用意してくれていたり。
多分塾や予備校の授業でも解説してくれるんだろうけど、本家が解説してくれるなんて、、

そんなお得なことがあるなら行くしかないΣ(゚Д゚)

三つ 学生の生の声が聞ける

⇒オープンキャンパスの時には大学に関する質問ができるコーナーが用意されています。
まあ学生のありのままの姿を見たいだとか、もっと大学らしい姿を見たい場合には、
オープンキャンパスがある長期休みではない期間に行くことをお勧めします!

ではでは

次はオープンキャンパスに行くうえで何を意識していけば収穫を得られるかちょっと話してみます。

一つ目は、なるべく早いうちに行くこと

っていうのも早いうちに行って思っていたのと違かったらそこから志望校の変更ができるから。まず高1、高2で行ければベストだね。

ちなみに高3で行っていない人がいても必ず行くことを勧めてます

時間がないっていうのは分かるけど一度も見たことのない大学を受けるのは不安でしょ?

こんなこと言ってるけど僕も実は高3になってから行きました。。(笑)

二つ目は、交通機関を使っていくこと

自分がオープンキャンパスに行ったときは車で行ったんですね、家族がついてきたので。。。
ほとんどの大学が電車やバスを使っていくのだと思います。

大学に行くまでの時間や通学路の様子を見ることは絶対に必要!というのも僕みたいになってほしくない、、、

ぼくは電車で一時間ほどだと聞いて入学した後で、歩きを含めて2時間弱かかることに気づいてしまった。

しかも坂道がめちゃくちゃきついんだ。

同じ思いをしてほしくないから是非行ってほしい!(笑)

こんな感じで行って損はないです!

勉強に飽きてきたなと感じたら行ってみると良いですよ(^^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク